すきまのすきま » 「いるヨロ」創作好きの10のお題 その1 第6話 勝負

 

「いるヨロ」創作好きの10のお題 その1 第6話 勝負

  • 投稿者 : かかし
  • 2005年7月7日 00:00

一難(まのか騒動)去って、また一難(里見編入騒動)。春海は一体何を考えてらっしゃるんでしょうね。彼の頭の中は計り知れないものがあります。
元々私の小話は登場人物の心情を直接的に描写することが少なくて人物の内面が判りにくいと思いますが、博美のお題では博美の目を通して春海を動かしているので、更に訳が判らない人になってます。
一番書きたかったことは一目瞭然、鹿鳴会本部前での進と博美の会話です。いいですねえ、ああいうやり取りって。しつこいですが、私の学生時代にはそんなもん全くありませんでしたわ。男の子と言い争うなんて、マジ喧嘩か、私が一方的に激怒しているかのどっちかでしたもん。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

No comments yet.

この記事にコメントする

ここまでの情報を記憶しますか?