すきまのすきま » 2010 » 6月

 

上杉律は船津化する

  • 投稿者 : かかし
  • 2010年6月30日 19:31

すきまに慎ちゃんの大学生活の話はほぼ皆無です。
書くとしたら上杉律くんの存在に頼ることになると思います。
しかし頭の中であれこれ考えていると、どうしても上杉律が『イタズラなKiss』(多田かおる先生)の船津になってしまうのです。
慎ちゃんに勝手にライバル心を燃やす上杉律、相手にしない慎ちゃん。ほらね、どうしたって入江くん&船津になっちまう。
(当たり前のように船津の話をしてますが、ご存知ない方、申し訳ございません)

実は(もったいぶる話でもないですが)慎ちゃんを書くときに、入江くんになってしまわないように、かなり気をつけています(入江くんで二次創作をしたことは無いです)。
なんとか入江化せずに慎ちゃんでいられる(はず)のは、久美子さんがいるからだと思います。
久美子さんへの感情、久美子さんとの会話、久美子さんの反応、こういった久美子さんとの関係があってこそ、慎ちゃんは慎ちゃんでいられるのだと思ってます。

私が上杉律くんへの見方の角度を少し変えれば船津化しないで済むのかな。極端にキャラ描写をしようとすると、どうしたってエキセントリック(船津)な方向に行ってしまいそうです。

以上、慎ちゃんの大学生活を書けない言い訳でした。

 

【拍手返信】ありがとうございました

  • 投稿者 : かかし
  • 19:30

6月29日に下さった方
コメントありがとうございます。
仰るとおり、慎ちゃんのアンバランスさは、かなり魅力的ですね。
冷静に他人に突っ込んだりするのに、篠原先生の前ではガキっぽくムキになったり。それこそ向こう見ずに飛び込んだり。
そしてアンバランスながらも成長していたり(黒十字のときには久美子さんについて行こうとして気絶させられたので、鰐口のときには諦める振りをしてコッソリ後をつけた)。
いろんな面があってこそ魅力的な慎ちゃんなのだと思います。

 

携帯電話用のメールフォームをご用意しました

  • 投稿者 : かかし
  • 2010年6月27日 23:45

設置に挫折しかかってましたが、今日やっと設置成功しました。
私の携帯電話(au)で動作確認済です。
万が一不具合がございましたら、御指摘お願い致します。

CGI設置で、こんなに手こずったのは久しぶりです。
原因はファイルをサーバにFTP転送したときに、ファイル名が小文字に変換されていた為でした。本当は大文字混じりなのに、全部小文字になってしまい、メールフォームを動かそうとすると「そんなファイルは無い!」というエラーになっていました。

携帯電話からメールを送ろうとしていた方、是非お使い頂ければ幸いです。
いやー、やっとスッキリしました。

 

【拍手返信】ありがとうございました

  • 投稿者 : かかし
  • 01:13

日頃から通勤時などに歌をわりと聴くのですが、煮詰まったときは意識して本を読むようにしています。情報を取り入れて自分の中に溜めて蓄積しておきます。それがあとになって、ネタの発想もとになったりもします。
本は難しい本なんかじゃなくて、気軽に読みやすい本です。小難しい本をしたり顔で読めたら格好良いなあと思いつつ。

ついさっき読了したのは『落語家はなぜ噺を忘れないのか』(柳家花緑)です。
大変興味深かった文の1つに「『リアリティ』よりも『らしさ』が大事」がありました。
○○らしくというのは、私が二次創作をするなかで一番気にしていることです。しかしガチガチに○○らしくに拘っていると、何も書けなくなったりして、やっぱりどこかで逸脱しなければならない、そのさじ加減が難しくもあり楽しくもあります。
以下、コメント返信です。

 

6月26日13時頃の方
コメントありがとうございます。
励ましのお言葉いたみいりました。

 

6月24日 沢田久美子!?様
先生の感想をありがとうございました。
楽しんで頂けて、大変嬉しいです。

 

6月24日20時頃 返信不要の方
コメントありがとうございました。

 

【更新報告】先生 オマケ2

  • 投稿者 : かかし
  • 2010年6月26日 23:40

私が凹んでいる間(どうでもいいですが、凸凹の字が好きです)、励ましのコメントをいただき、ありがとうございました。
オマケ2は大変短いですが、お礼の気持ちをたっぷり込めて書きました。
お楽しみ頂ければ幸いです。

やっぱり、私が書くときには慎ちゃんは「沢田慎」で、久美子さんは「山口久美子」なんだよなあ、と改めて思いました。原作で2人がお互いを名字呼びしているので、呼称に名字が含まれていないと書きづらいのだと思います。
読むときは「慎」「久美子」でも全く違和感なく読めるので、自分が書くときだけですね。もう、仕方ないや。

 

他ジャンルの「ヒミツのすきま」は下の名前だけで書いてます。こちらは、ドラマ中に4兄弟が出てくるので必然的に名前呼びばかりになり、4兄弟の会話でフルネームを使うと鬱陶しいからです。
あーでも、「いるヨロ」は名前呼びなのにフルネームだなあ。何なんでしょう私は。

 

【拍手返信】ありがとうございました

  • 投稿者 : かかし
  • 2010年6月24日 06:45

最近、更新が滞り気味で申し訳ございません。
ヘタレで申し訳ないですが、読みづらいと指摘を頂いてから少々煮詰まってます。気分転換にヒミツのすきまを更新したりしています。
以下、拍手コメント返信です。

 

chiaki様
いつもコメントありがとうございます。『先生』の感想をありがとうございました。
いろいろ勢いと趣味で話を詰め込みました。アリスちゃん、記憶力良すぎですね。それだけ慎ちゃんがイイ男だったということで。
制服姿で潜入の久美子さんは、久美子さんは行動派、慎ちゃんは頭脳派を表現してみました。ただのノリでもありますが。
楽しんで頂けて良かったです。

 

メールフォームの携帯電話対応について

  • 投稿者 : かかし
  • 00:30

近日中に携帯電話にも対応すると申しましたが、予想以上に手こずっています。
もしかしたら無理かもしれません。

携帯電話で御覧の方は拍手からコメント頂けると大変助かります。
また、メールで返信を希望される方はコメントにメールアドレスを入力して頂ければ、メールで返信します。
拍手のお礼画面の注意書きを修正しました。

 

【拍手返信】ありがとうございました

  • 投稿者 : かかし
  • 2010年6月22日 17:41

今日の更新はありません。
せっかくご訪問頂いたのに申し訳ございません。
以下、コメント返信です。

 

2010年6月21日 2時頃に下さった方へ
陽くん、格好良かったですよねー!!成長して随分背が高くなりましたね。そして相変わらず細い!
ドラマSPは難しいでしょうね……。
なにか思いつけば、書きたいと思います。最終話以降で、陽くんが留学する前の話ばかりになってしまいそうですが。航と夏世の2人きりもいいですが、4兄弟がかなりツボなので。
航兄のキャラが不可思議すぎて(奥手なのか強引なのか)どういう展開もOKのような、どういう展開もNGのような、難しいですねー。

 

2010年6月21日 3時頃に下さった方へ
コメントありがとうございます。
漢前と書いて「おとこまえ」な久美子さんを感じて下さってありがとうございます!

 

メールフォームについて

  • 投稿者 : かかし
  • 17:33

現在メールフォームは携帯電話に対応しておりません。
近日中に携帯電話に対応しますので、しばしお待ち下さいませ。

 

登場人物の記名について

  • 投稿者 : かかし
  • 2010年6月21日 18:46

すきま物語をご覧の方はお気づきのことと思いますが、主要な登場人物をフルネームで書いています。いるヨロならば「如月いるか」「山本春海」、ごくせんならば「山口久美子」「沢田慎」。
理由は、書いている私と、登場人物たちの間に一定の距離感を保とうとしているからです。過度な感情移入を押さえて、行動や感情の動きを俯瞰的に表現したいために、フルネームで書いています。
「慎」「久美子」は、私には距離が近すぎて、話を作れなくなってしまうのです。
ただ最近は、ピンク系の話ならば「慎」「久美子」の方が書きやすいかもしれないと思ってます。

読まれる方におかれましては、読みづらいこともあると思いますが、どうかご容赦願いたく存じます。
とはいえ、今後は頑なにフルネームに拘らず、名前のみの方が書きやすい場合には、名前で書こうと考えています。
例えば、沢田兄弟が一緒にいる場面ならば、「沢田慎」「沢田玲」ではなく「慎」「玲」と書くつもりです。
場の雰囲気や会話に合わせて使い分けていくつもりです。

次ページへ »